コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尺一 シャクイチ

デジタル大辞泉の解説

しゃく‐いち【尺一】

11。せきいつ。

せき‐いつ【尺一】

1尺1寸(約33.3センチ)。しゃくいち。
《中国上代に詔書を写すのに1尺1寸の長さの板を用いたことから》詔書。みことのり。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゃくいち【尺一】

一尺一寸のこと。せきいつ。

せきいつ【尺一】

古代中国で、詔書を写すのに用いた、長さ一尺一寸の板。転じて、みことのり。詔書。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

尺一の関連キーワード合い判・相判・間判・合判間竿・間棹竹簡・木簡多円錐図法曲尺・矩尺天威咫尺一節切長火鉢はかる享保尺茶室菊判広幅長尺中足

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尺一の関連情報