コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尼子久次郎 あまこ きゅうじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尼子久次郎 あまこ-きゅうじろう

1846-1865* 幕末の武士。
弘化(こうか)3年生まれ。尼子長三郎の次男。常陸(ひたち)水戸藩士。元治(げんじ)元年同藩尊攘(そんじょう)派の筑波(つくば)山挙兵(天狗(てんぐ)党の乱)に田丸稲之衛門(いなのえもん)らとともに参加し,各地を転戦。負傷して降伏,上総(かずさ)(千葉県)久留里(くるり)藩に禁固され,同年12月17日死去。19歳。名は久贇。通称は別に長蔵。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

尼子久次郎の関連キーワードアメリカ合衆国史(年表)フォーレ仁孝天皇ヘンリークルーゼンシュテルンチェルマンデニソンデニングハイゼハリス

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android