コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾和宗臨 おわ そうりん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾和宗臨 おわ-そうりん

?-1502* 室町-戦国時代の貿易商。
堺の豪商で,明(みん)(中国)との貿易で富をえる。一休宗純に参禅し,大徳寺真珠庵を創建。応仁(おうにん)の乱で焼失した大徳寺の法堂などを再建した。文亀(ぶんき)元年12月20日死去。通称は四郎左衛門。号は祖渓。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

尾和宗臨

没年:文亀1(1501)
生年:生年不詳
室町後期の堺の豪商。海外貿易で巨利を得るかたわら,大徳寺の一休宗純に参禅する。一休のために寺を建てることを希望し一休からは固辞されるが,数度にわたる要望に一休は,応仁の乱の兵火に焼亡したままの大徳寺の再建を勧める。宗臨は有志の協力も得て,文明年中(1469~87)に本寺の仏殿,方丈,大厨をはじめ,その塔頭の大用庵,如意庵や徳禅寺などを再建した。方丈の再建では,西域諸国の貿易に従事した持ち船の帆柱を厨庫の棟梁にあて,船板は腰板に使用したと伝えられる。宗臨は重ねて一休の寺を建てることを願ったため,一休もその死後に建立することを許した。文明13年の一休没後,大徳寺内に真珠庵を創建し延徳3(1491)年に竣功した。大徳寺再興の功労者として,没後真珠庵に葬られる。遺言によって,所有の資産を寄贈して修復の用に当て,子孫もそれに倣ったという。<参考文献>『堺市史』

(吉田豊)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の尾和宗臨の言及

【真珠庵】より

…その寂後10年目の1491年(延徳3)に完成。造立経費は大徳寺再建を援助した堺の貿易商尾和宗臨(おわそうりん)(?‐1501)はじめ,数寄者村田珠光,連歌師宗長などの寄進。現在の建物は江戸初期の再建である。…

※「尾和宗臨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

尾和宗臨の関連キーワード真珠庵庭園戦国時代堺商人貿易商

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android