コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾戸焼 オドヤキ

3件 の用語解説(尾戸焼の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おど‐やき〔をど‐〕【尾戸焼】

土佐藩主山内家の御用窯から産した陶器。承応2年(1653)大坂の陶工久野正伯が招かれて高知の小津(おど)に窯を開いたのが始まり。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おどやき【尾戸焼】

江戸時代、土佐国尾戸で産出した陶器。土佐藩主山内忠義が招いた久野正伯が創始したものという。白上がりの陶器で細かな貫乳かんにゆうがある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

尾戸焼
おどやき

高知県の陶窯(とうよう)。高知山内藩第2代藩主忠義が1653年(承応2)に高知城の北側、高知市内の江ノ口川沿いに築いたのが最初であり、藩窯と御庭(おにわ)焼を折衷したような性格であったらしい。大坂から久野正伯(しょうはく)を招き、森田久右衛門と山崎平内が実業に携わり、以後両家の歴代が業を継承した。現存する遺品は多くはないが、やはり茶道具が主体であり、染付、白釉(はくゆう)、黒褐釉、片身替(かたみがわり)釉、鉄絵、イッチン(高盛りの線などを引く用具)描、象眼(ぞうがん)など陶技は多彩である。古格のある江戸前期のものは、遠州好みともいうべき流麗な高麗茶碗(こうらいぢゃわん)写しや茶入(ちゃいれ)、水指(みずさし)で占められ、後期になっても概して茶具を中心とした趣味性の高い作品を残している。尾戸焼は9代森田潤が業を放棄した1914年(大正3)に廃され、周囲の人々が一時復興を行ったが途絶した。[矢部良明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

尾戸焼の関連キーワード寺村左膳山内忠直山内豊惇山内豊興山内豊賢山内豊誠山内豊武山内豊産山内豊常山内豊泰

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

尾戸焼の関連情報