コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾池春水 おいけ はるみ

美術人名辞典の解説

尾池春水

江戸中・後期の歌人・藩政家。土佐藩士敬勝の子。名は敬永、通称弾蔵、前名直太郎。祖父存斎に儒学を学び、のち国学を修め、歌学を究めた。京都で日野資枝の門人となり、土佐における紀貫之の古蹟顕彰に努めた。幡多郡奉行・仕置役等を歴任し、藩政に尽した。著書に『紀氏旧跡記』『吉野紀行』がある。文化10年(1813)歿。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾池春水 おいけ-はるみ

1750-1814* 江戸時代中期-後期の武士,歌人。
寛延3年生まれ。土佐高知藩士。京都で日野資枝(すけき)に国学をまなび,紀貫之の土佐での事跡の顕彰につとめた。天明8年藩政の改革にあたり仕置役(参政)に任じられ,改革を推進。文化10年閏(うるう)11月16日死去。64歳。名は敬永。通称は弾蔵。著作に「紀氏遺蹟考」「吉野記行」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

尾池春水の関連キーワード山内豊雍

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android