コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾高ゆう おだか ゆう

1件 の用語解説(尾高ゆうの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾高ゆう おだか-ゆう

1860-1923 明治時代の工員。
万延元年4月4日生まれ。群馬県の官営富岡製糸場所長尾高惇忠(あつただ)の長女。紡績技術工のフランス人がのむワインはわかい娘の生き血だと噂され,女子工員があつまらないため,ゆうが同製糸場の伝習工女第1号となり迷信を打破した。大正12年1月30日死去。64歳。武蔵(むさし)榛沢(はんざわ)郡(埼玉県)出身。名は勇とも。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

尾高ゆうの関連キーワード工員伊藤徳太郎今井清次郎小野義臣玉木弁太郎長野小六新田融広幡忠朝向井勝幸《三人の工員》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone