工員(読み)こういん

精選版 日本国語大辞典「工員」の解説

こう‐いん ‥ヰン【工員】

〘名〙
① 明治六年(一八七三)、大蔵省土木寮に置いた技術官。工長、工師、工生に分け、さらに各等を上、中、下の三等に分ける。土木寮の内務省移管とともに改正された。
帰郷(1948)〈大仏次郎〉遅日「俸給だって、子供のやうに年の若い工員より下だ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の工員の言及

【職制】より

… 第2次大戦前の日本の大企業の職制組織は,職制秩序に身分制秩序が組み合わされるという特徴がみられた。この身分制秩序は,大きく分けると,臨時工,工員,職員などからなり,それぞれがまたいくつかに分かれていた。工員は,平工(並工),三等職工,二等職工,一等職工,職員は,準社員,社員などに区分されていた。…

※「工員」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android