コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾高亀蔵 すえたか かめぞう

1件 の用語解説(尾高亀蔵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾高亀蔵 すえたか-かめぞう

1884-1953 明治-昭和時代前期の軍人。
明治17年9月28日生まれ。昭和11年陸軍中将,朝鮮駐屯の第十九師団長となる。13年満州国とソ連の国境不明確な地域の丘陵張鼓峰(ちょうこほう)をめぐり,独断でソ連軍を攻撃。反撃をうけ大損害をだし,外交交渉で壊滅をまぬかれ撤退した(張鼓峰事件)。17年満州国建国大副総長。昭和28年8月1日死去。68歳。佐賀県出身。陸軍大学校卒。旧姓は大谷。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

尾高亀蔵の関連キーワード泉伍朗宇野積蔵小野寺章木南正宣桑島主計里見虎蔵長谷川良雄林直助松村務吉野銓三

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone