居囃子(読み)イバヤシ

大辞林 第三版の解説

いばやし【居囃子】

能の略式の演奏形式。シテと地謡と囃子方が着座のまま演奏するもの。主に一曲の後半が扱われる。 ⇔ 舞囃子

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

い‐ばやし ゐ‥【居囃子】

〘名〙 能の演奏形式の一つ。主として一曲中の後半部分を、舞なしで囃子を入れて謡うもの。謡い手は舞台の右手に斜めに坐し、囃子方は正式の能のときと同じ位置だが、大鼓(おおつづみ)、小鼓ともに正坐して打つ。
※風俗画報‐五〇号(1893)人事門「奉納の居囃子(ヰハヤシ)女業とは思われぬ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の居囃子の言及

【能】より

…(3)番囃子(ばんばやし) 紋服等で座したまま全曲を奏する。(4)居囃子(いばやし) 同じく座したまま主要部分(主としてクセや舞事を中心にした部分)を奏する。(5)舞囃子(まいばやし) 居囃子とほぼ同じ部分を奏し,シテ1人だけが紋服等で舞う。…

※「居囃子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

居囃子の関連情報