屋代勝政(読み)やしろ かつまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

屋代勝政 やしろ-かつまさ

1852-1868 幕末の武士。
嘉永(かえい)5年生まれ。上野(こうずけ)前橋藩士。維新の際に「徳川三百年の恩がある」と佐幕を主張し,慶応4年8月脱藩して会津(あいづ)藩にむかう。同月上野戸倉口で新政府軍の攻撃をうけ戦死した。17歳。通称は由平(よしへい)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android