コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屋代勝政 やしろ かつまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

屋代勝政 やしろ-かつまさ

1852-1868 幕末の武士。
嘉永(かえい)5年生まれ。上野(こうずけ)前橋藩士。維新の際に「徳川三百年の恩がある」と佐幕を主張し,慶応4年8月脱藩して会津(あいづ)藩にむかう。同月上野戸倉口で新政府軍の攻撃をうけ戦死した。17歳。通称は由平(よしへい)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

屋代勝政の関連キーワード戊辰戦争ノット(速さの単位)ブンゼンペリー(Matthew Calbraith Perry)ガイスラー川路聖謨春風亭柳枝ポンタベン派グラッドストーン(William Ewart Gladstone)春風亭柳枝

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android