コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山の端 ヤマノハ

デジタル大辞泉の解説

やま‐の‐は【山の端】

山の稜線。「月が山の端にかかる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やまのは【山の端】

山の稜線。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

山の端の関連キーワード隈取る・暈取る臼搗く・舂く鳥居与七郎妻火照り・熱り山越阿弥陀図花・華・纏頭西堀 栄三郎山蔓・山鬘玉葉和歌集飽かなくにスズムシ和泉式部武田勝頼置き迷う九条武子小西似春移り行く端山の月没する新得町

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山の端の関連情報