山際(読み)やまぎわ

精選版 日本国語大辞典「山際」の解説

やま‐ぎわ ‥ぎは【山際】

〘名〙
のきわ。山のほとり。山に近いところ。
※宇津保(970‐999頃)楼上上「南の庭のはるかなる水のはまのあなた、山ぎはに立てり」
② 空の、山に接して見える部分。山の稜線のそばの空。
(10C終)一「やうやうしろくなり行く、山ぎはすこしあかりて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android