コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山上伊太郎 やまがみいたろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山上伊太郎
やまがみいたろう

[生]1903
[没]1945
シナリオライター。 1920年代後半に,すぐれた時代劇脚本を次々と発表した。主作品『悪魔の星の下に』 (1927) ,『蹴合鶏』 (28) ,『浪人街』 (3部作,28~29) ,『首の座』 (29) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山上伊太郎 やまがみ-いたろう

1903-1945 昭和時代前期の脚本家。
明治36年8月26日生まれ。大正15年マキノ映画に入社。マキノ雅広監督とくみ,浪人などを主人公にした時代劇の傑作をかいた。昭和20年6月18日陸軍報道班員としてフィリピン戦死。43歳。滋賀県出身。作品に「浪人街」「首の座」「蹴合鶏(けあいどり)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の山上伊太郎の言及

【時代劇映画】より

…また,伊藤大輔は,河部五郎主演《下郎》(1927)で封建的な階級制度を批判して〈傾向映画〉の先駆となるとともに,大河内伝次郎主演《新版大岡政談》(1928)で型破りのヒーロー・丹下左膳を生み出した。一方,大スターが次々に独立していったマキノ映画では,山上伊太郎脚本,マキノ正博(雅弘,雅裕)監督のコンビで,南光明主演《蹴合鶏》《崇禅寺馬場》(ともに1928),南光明,根岸東一郎,谷崎十郎主演《浪人街》三部作(1928‐29),河津清三郎主演《首の座》(1929)と,新鮮な感覚に満ちた時代劇の傑作がつくられた。逆境にある人間の反逆をチャンバラ活劇として描く点では,寿々喜多呂九平から伊藤大輔へ,そして山上・マキノのコンビへと連続していて,その過程で虚無的な反逆精神は一種の社会批判にまで高まったといえる。…

【浪人街】より

…当時(第一話)まだ20歳の監督マキノ正博(1908‐93。のち雅弘,雅裕),また牧野省三に認められて《悪魔の星の下に》(1927)のオリジナルシナリオを書いて〈悪魔派〉などとよばれていた23歳の脚本家山上伊太郎,25歳のカメラマン三木稔(のち滋人と改名)のいずれも20代の若きトリオによるマキノ・プロダクション作品である。安価なヒロイズムを支えにしたチャンバラ時代劇を否定し,スター中心主義の伝統的なスタイルを一変して,貧窮と怠惰の長屋暮しをつづける失業武士たち,社会から疎外されて敗北と挫折の道しか残されていない集団を描いた画期的な時代劇作品であり,そこにはニヒリズムの色が濃いとはいえ,やがて一連の〈傾向映画〉(プロレタリア映画)をつらぬく表現主題ともなる抵抗の姿勢のきざしが見える作品でもある。…

※「山上伊太郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

山上伊太郎の関連キーワード浪人街 第一話 美しき獲物浪人街 RONINGAI山上 伊太郎伊藤大輔牧野省三脚本家

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android