コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山上船主 やまのうえの ふなぬし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山上船主 やまのうえの-ふなぬし

?-? 奈良-平安時代前期の官吏。
山上憶良(おくら)の子か。陰陽助(おんようのすけ),陰陽頭(かみ)を歴任。天応2年(782)氷上川継(ひかみの-かわつぐ)の謀反にくわわって左遷され,さらに三方(みかたの)王らと桓武(かんむ)天皇を呪詛(じゅそ)したとして隠岐(おき)(島根県)に流された。延暦(えんりゃく)24年ゆるされて京にかえる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

山上船主の関連キーワード弓削女王山上憶良

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android