山上船主(読み)やまのうえの ふなぬし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山上船主 やまのうえの-ふなぬし

?-? 奈良-平安時代前期の官吏。
山上憶良(おくら)の子か。陰陽助(おんようのすけ),陰陽頭(かみ)を歴任。天応2年(782)氷上川継(ひかみの-かわつぐ)の謀反にくわわって左遷され,さらに三方(みかたの)王らと桓武(かんむ)天皇呪詛(じゅそ)したとして隠岐(おき)(島根県)に流された。延暦(えんりゃく)24年ゆるされて京にかえる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android