コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山中新左衛門 やまなか しんざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山中新左衛門 やまなか-しんざえもん

1818-1864 幕末の武士。
文政元年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。支藩宍戸(ししど)藩主松平頼徳(よりのり)の付家老となる。天狗党の乱では頼徳にしたがって水戸へむかい,那珂湊でたたかう。頼徳の書を奉じて城内にはいるが,捕らえられて元治(げんじ)元年10月16日処刑された。47歳。名は広成。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山中新左衛門の関連キーワード元治サウド家ワルシャワ大浦教之助エンゲルスワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)フォンタネージ梅暮里谷峨楠里亭其楽増田五郎右衛門

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android