山中智恵子(読み)やまなか ちえこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山中智恵子 やまなか-ちえこ

1925-2006 昭和後期-平成時代の歌人。
大正14年5月4日生まれ。昭和21年から前川佐美雄に師事し,復刊「日本歌人」同人。古典の教養にもとづくゆたかな語彙と高い調べで心の世界をうたった。59年「星物語」で短歌研究賞,60年「星肆」で迢空(ちょうくう)賞。平成18年3月9日死去。80歳。愛知県出身。京都女子専門学校(現京都女子大)卒。評論に「三輪山伝承」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android