コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山元藤助 やまもと とうすけ

2件 の用語解説(山元藤助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山元藤助 やまもと-とうすけ

1830-1871 幕末-明治時代の植林家。
天保(てんぽう)元年生まれ。山元荘兵衛(そうべえ)の長男。薩摩(さつま)鹿児島藩士。安政3年日向(ひゅうが)(宮崎県)にある藩林の御手山支配人の職をつぐ。福山街道ぞいに松,杉,樟(くすのき)をうえ,挿し杉の方法をひろめた。明治4年2月死去。42歳。著作に「諸木御仕建方手控」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

山元藤助

没年:明治4(1871)
生年:天保1(1830)
江戸末期の植林家。薩摩藩の諸木植付掛。日向国(宮崎県)諸県郡高岡郷内山村生まれ。父の荘兵衛は天保改革時の手許仕立山(藩直営林)大規模植林事業の際,日州御手山の支配人を勤めた。父の死後そのあとを継ぎ,造林の研究と指導に奔走。安政3(1856)年,江戸に上る。同年,藩命を受けて紀州熊野に到り,炭焼法その他林産取扱法を習得。翌年木曾,大和,大坂を視察して帰郷。文久2(1862)年から4年がかりで鹿児島・日向の参勤交代路福山街道(延長約21km)に並木松苗3万5780本,楠苗1900本,杉苗2000本を植栽。翌3年養蚕桑苗仕立方,明治3(1870)年九州地方山林および物産取調。その巡回報告に『九州産物聞書』2巻がある。天保改革以降の薩摩藩進出の財政基盤のひとつは藤助らの林業振興に負っていた。<参考文献>『鹿児島県史』2巻(復刻,1967),農林省編『日本林制史資料 鹿児島藩』

(原口泉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山元藤助の関連キーワード諸木蔀山薩摩ガラス示現流薩摩版付掛け薩摩藩の琉球侵攻大池源治加藤九蔵権左衛門山元荘兵衛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone