コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山内忠豊 やまうち ただとよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山内忠豊 やまうち-ただとよ

1609-1669 江戸時代前期の大名。
慶長14年10月29日生まれ。山内忠義の長男。明暦2年土佐高知藩主山内家3代となり,弟の山内忠直に3万石を分知。先代からの奉行職野中兼山の強硬な施策を不満とし,寛文3年兼山を罷免した(寛文の改替)。寛文9年8月5日死去。61歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

山内忠豊

没年:寛文9.8.5(1669.8.31)
生年:慶長14.10.29(1609.11.25)
江戸前期の土佐国高知藩(高知市)藩主。土佐国生まれ。通称は幼名国松,のち伊右衛門。侍従に任ぜられる。父は忠義,母は徳川家康の養女名阿姫。明暦2(1656)年遺領20万2600石を継ぐ。先代忠義から引き続き野中兼山を登用し,その政策を続行した。しかし,強硬な施策であったため農民の不満を呼ぶ。これを利用した山内一門などの反兼山派の弾劾を受け,ついに「寛文の改替」と呼ばれる政変により,寛文3(1663)年兼山は失脚した。その後は忠豊親政のもとで,合議制による藩政を推進し,特に民力の休養を計った。忠豊は親孝行で,仁に篤い人であったという。

(小柴良介)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

山内忠豊 (やまうちただとよ)

生年月日:1609年10月29日
江戸時代前期の大名
1669年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

山内忠豊の関連キーワード朝比奈可長真田信利生年月日多賀宗之孕石元政山内豊昌

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android