山内忠義(読み)やまうち・ただよし

朝日日本歴史人物事典「山内忠義」の解説

山内忠義

没年:寛文4.11.24(1665.1.10)
生年文禄1(1592)
江戸前期の土佐国高知藩(高知市)藩主遠江国(静岡県)生まれ。通称は幼名国松,初め康豊と名乗る。侍従に任ぜられる。父は山内一豊の弟康豊,母は水野氏の娘。妻は徳川家康の養女名阿姫。一豊の養子となり,慶長10(1605)年遺領20万2600石を継ぐ。15年松平の称号を許される。藩政初期は父康豊が後見となっていた。17年「定法度条々」全75条を制定し,特に農地を捨てて逃げ出す「走り者」対策を強化。また野中兼山登用,新田開発,殖産興業などにより藩財政の立て直しを計る。領内の神社仏閣境界を正したり,寺社の修復を行うなど文化事業にも力を注ぐ。明暦2(1656)年隠居。

(小柴良介)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「山内忠義」の解説

山内忠義 やまうち-ただよし

1592-1665* 江戸時代前期の大名。
文禄(ぶんろく)元年生まれ。山内康豊長男伯父(おじ)山内一豊の養子となり,慶長10年土佐高知藩主山内家2代をつぐ。野中兼山を起用し,新田開発,殖産興業をすすめ,藩財政の確立をはかった。寛文4年11月24日死去。73歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「山内忠義」の解説

やまうちただよし【山内忠義】

1592‐1664(文禄1‐寛文4)
江戸初期の大名。2代土佐藩主。治世は1605年(慶長10)から56年(明暦2)の隠居までの52年間。剛毅果断な性格で,治世の前半は,走者の帰住奨励や下人解放らの農民支配の徹底や藩財政の窮迫にともなう元和改革を実施し,田地割替制を行うなど近世的支配体制を発展させた。後半は野中兼山を奉行職につけ,藩政の確立に努めたのは有名。また寺社の修復に尽力した。【高橋 史朗】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の山内忠義の言及

【山内忠義】より

…江戸初期の大名。2代土佐藩主。治世は1605年(慶長10)から56年(明暦2)の隠居までの52年間。剛毅果断な性格で,治世の前半は,走者の帰住奨励や下人解放らの農民支配の徹底や藩財政の窮迫にともなう元和改革を実施し,田地割替制を行うなど近世的支配体制を発展させた。後半は野中兼山を奉行職につけ,藩政の確立に努めたのは有名。また寺社の修復に尽力した。【高橋 史朗】…

※「山内忠義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

個人メドレー

競泳種目の一つ。同一個人が定められた距離をバタフライ,背泳ぎ,平泳ぎ,自由形の順に続けて泳ぐ。個人メドレーの際の自由形は,他の3種以外でなければならないため,クロールで泳ぐのが一般的。次の泳法への移行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android