山内愚仙(読み)やまうち ぐせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山内愚仙 やまうち-ぐせん

1866-1927 明治-大正時代の洋画家。
慶応2年6月19日生まれ。高橋由一(ゆいち),五姓田芳柳(ごせだ-ほうりゅう)らにまなぶ。明治23年大阪朝日新聞社に入社,挿絵を担当。34年松原三五郎らと関西美術会を創立山本森之助ら後進を指導した。昭和2年8月1日死去。62歳。江戸出身。本名は真郎。別号に愚僊。作品に「浅草公園伝法院ノ裏ノ雑沓」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android