コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本森之助 やまもと もりのすけ

3件 の用語解説(山本森之助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本森之助 やまもと-もりのすけ

1877-1928 明治-大正時代の洋画家。
明治10年4月2日生まれ。山内愚仙(ぐせん)に師事し,上京して黒田清輝らの天真道場,東京美術学校(現東京芸大)にまなぶ。白馬会,文展,帝展で入賞をかさねて文展審査員となる。明治45年中沢弘光らと光風会を創立した。昭和3年12月19日死去。52歳。長崎県出身。作品に「曲浦」「丘」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

山本森之助

没年:昭和3.12.19(1928)
生年:明治10.4.2(1877)
明治大正期の洋画家。長崎の料亭一力2代目当主の長男として生まれる。明治27(1894)年大阪で山内愚仙の下で洋画を学び翌年上京,天真道場などに通い東京美術学校(東京芸大)西洋画科選科に入学,32年卒業した。白馬会展に出品し,35年白馬会会員。33年から3年間図画教師として沖縄に赴任する。38年第10回白馬会展に出品した「暮れゆく島」で白馬会賞を受賞。40年の第1回文展では代表作となった「曲浦」(東京国立近代美術館蔵)で3等賞を,翌年の第2回展でも「濁らぬ水」で2等賞を受賞した。45年には,中沢弘光らと光風会を結成し,のち文展,帝展の審査員も務めた。

(三輪英夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山本森之助
やまもともりのすけ
(1877―1928)

洋画家。長崎市生まれ。大阪に出て山内愚僊(やまのうちぐせん)に洋画を学び、1896年(明治29)黒田清輝(せいき)の天真道場に入り、99年東京美術学校西洋画科を卒業。白馬(はくば)会会員。1907年東京府勧業博覧会で一等賞を受け、初期文展で受賞を重ね、審査員となる。光風会の創立に参加。22~24年(大正11~13)渡欧。代表作は『曲浦』『セーヌの曳舟(ひきふね)』など。[小倉忠夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の山本森之助の言及

【光風会】より

…美術団体。黒田清輝を中心に結ばれた外光派の洋画団体白馬会が1911年(明治44)に解散すると,その有力メンバーであった中沢弘光,山本森之助,三宅克己,杉浦非水,小林鐘吉,跡見泰,岡野栄を発起人として翌12年3月に結成され,その年の6月,上野竹之台で第1回展覧会を開催した。当時,印象派以後の新しい美術思潮の刺激を受け,個性的な表現を唱える若い層が増大していたが,この会に拠(よ)る画家たちは黒田の穏健な画風を引き継ぎ,官展系の団体として結束を崩さなかった。…

※「山本森之助」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山本森之助の関連キーワード児島善三郎黒田重太郎一力橋口五葉有馬三斗枝石原白道木村さく鶴沢清六(3代)油井夫山渡辺与平

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山本森之助の関連情報