コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松原三五郎 まつばら さんごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松原三五郎 まつばら-さんごろう

1864-1946 明治-昭和時代前期の洋画家。
元治(げんじ)元年6月13日生まれ。上京して初代五姓田芳柳(ごせだ-ほうりゅう)らにまなび,明治17年帰郷して岡山師範,岡山中学でおしえる。のち大阪師範などにつとめ,また天彩画塾をひらく。34年京都で関西美術会の結成に参加した。昭和21年10月30日死去。83歳。備前(岡山県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松原三五郎の関連キーワード元治キング・クリムゾンマキノ雅広イタリア映画新藤兼人新日本文学生活保護戦争放棄トルンカホログラフィック・アート

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone