コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山内豊敷 やまうち とよのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山内豊敷 やまうち-とよのぶ

1712-1768* 江戸時代中期の大名。
正徳(しょうとく)2年6月8日生まれ。山内規重(のりしげ)の長男。山内豊常の妹婿となり,享保(きょうほう)10年土佐高知藩主山内家8代となる。藩校教授(こうじゅ)館をたて,朱子学(南学)を藩教学の根本とした。明和4年11月19日死去。56歳。初名は重固(しげかた)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山内豊敷の関連キーワードブルース(James Bruce)徳川家宣徳川家宣学生牢ショメル江島其磧馬場重久フィルメルゲン戦争大槻玄沢竹内式部

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone