山口弘長(読み)やまぐち ひろなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山口弘長 やまぐち-ひろなが

1707-1768 江戸時代中期の大名。
宝永4年生まれ。和泉(いずみ)(大阪府)大庭寺(おおばでら)藩主渡辺基綱の3男。山口弘豊の養子となり,享保(きょうほう)16年常陸(ひたち)(茨城県)牛久(うしく)藩主山口家5代。大坂加番,大坂定番,大番頭(おおばんがしら)をつとめた。明和5年11月12日死去。62歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android