コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山名義理 やまな よしただ

2件 の用語解説(山名義理の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山名義理 やまな-よしただ

1337-? 南北朝時代の武将。
建武(けんむ)4=延元2年生まれ。山名時氏の次男。美作(みまさか),紀伊(きい)の守護となる。明徳の乱では山名氏清方につくが,京都での合戦にはまにあわず,明徳3=元中9年大内義弘(よしひろ)に攻められて紀伊興国寺(和歌山県)で出家した。法名は宗弘。名は「よしまさ」ともよむ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

山名義理

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:建武4/延元2(1337)
南北朝時代の武将。時氏の次男。弾正少弼,修理大夫。応安3/建徳1(1370)年6月,室町幕府の内談に出仕。これより先,父時氏が幕府に帰参した翌年の貞治3/正平19(1364)年には美作守護に任ぜられている。永和4/天授4(1378)年末,南朝橋本正督の蜂起に際して弟氏清と共に追討大将を命ぜられ,次いで紀伊守護に任ぜられた。明徳の乱(1391)への与同には消極的で温厚な性格から一族の統率を期待されたが,内野には参陣せず,翌年3月大内義弘に降伏して紀伊由良で出家した。その後の動静は不詳。

(今谷明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山名義理の関連キーワード山名時義少弼阿蘇惟成斯波兼頼武田氏信東氏村南部政行和田助朝波多野通貞山名氏冬

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone