コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間伐 かんばつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

間伐
かんばつ

森林において樹木の健全な発育を助けるために一部の木を切ること。樹木が生長するに従って森林の空間は窮屈になり,個々の木の生長は阻害され,個体間に優劣が生じてくる。そこで劣勢な木や欠点のある木,また立ち木の過密など,全体的な見地から切ったほうがよいと思われる木を切って,残った木の健全な生長と生産物の質的な向上をはかるわけである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かん‐ばつ【間伐】

[名](スル)森林や果樹園で、主な木の生育を助けたり、採光をよくしたりするために、適当な間隔で木を伐採すること。透かし伐(ぎ)り。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

間伐【かんばつ】

樹木の生長につれて樹間が混んできたとき,不適当な樹木を切り,残った樹木に十分な陽光と空間を与える造林技術。間をせずに放置すると全体的に肥大と生長が阻害され,また枯木や被圧木も生じる。
→関連項目演習林官行造林間引き(農業)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

林業関連用語の解説

間伐

除伐後に行う作業で、立木密度を調整して林木を健全に成長させるため、劣勢木、不用木など林木の一部を伐採することをいう。

出典 農林水産省林業関連用語について 情報

農林水産関係用語集の解説

間伐

育成段階にある森林において樹木の混み具合に応じて、育成する樹木の一部を伐採(間引き)し、残存木の成長を促進する作業。この作業により生産された丸太間伐材。一般に、除伐後、主伐までの間に育成目的に応じて間断的に実施。

出典 農林水産省農林水産関係用語集について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんばつ【間伐 thinning】

造林した樹木が生長するにつれて枝が互いに触れあうようになると,隣りあった樹木の間にせり合いが起きるようになる。せり合いが激しくなる前に,目標に合った健全な林を育てるため,一部の樹木を切ることを間伐という。早い時期に造林目的以外の樹種,形の悪いもの,枯れたものなどを切ることを除伐または捨て伐(ぎ)りという。除伐や初期の間伐は収支がつぐなわないのが普通であるが,最終的な伐採までに長期間を要する林業経営において,間伐は中間的な収入をあげるよい機会となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんばつ【間伐】

( 名 ) スル
林業で、林木の密度を調節して生育を助けるため、また主伐前に収穫を得るため、林木の一部を伐採すること。透かし伐り。疎伐。 → 主伐

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

間伐
かんばつ

皆伐一斉林施業における主伐に対する対語で、主伐に至るまでの保育や途中収穫の伐採である。一斉林とは同齢の林のことであり、主伐とは最終的にまとめて伐(き)る伐採である。しかし主伐をしないで非皆伐の択伐林施業に誘導していく過程でも間伐は行われる。施業とは伐採などを伴う森林の取扱いのことである。
 間伐とは、(1)森林が混みすぎて不健全になるのを防ぐ作業、(2)良い木を育て森林の価値を高める作業、(3)適時に収穫をし、定期的な収入を可能とする作業、である。
 (1)の混みすぎて不健全というのは、個体の樹冠量が小さくなり、細長い木の集団となって強風や冠雪などの被害を受けやすくなることと、林冠が強く閉鎖して林内の光が不足し、林床の下草が乏しくなり、土壌保全の点から好ましくないことである。林冠とは樹冠の連なったものである。(2)の良い木を育てるということは、できるだけ幹の通直性が高く、傷のない木の比率を高めていくことを基本とし、丸太をとるときの、丸太の下と上の太さの差が小さく、無節性が高い木を育てていくということである。
 間伐は、好ましい形質の木を育てるために、生育段階に応じて必要な樹冠量を個々の木に与えていくための作業である。そして単位面積当りの限られた葉量を、できるだけ将来性のある木に配分していこうとする作業である。そのような前提のなかで、条件の許す限りそれぞれの間伐時点で間伐材による間伐収入が高まるように伐る木の選木をしていくことが大事な作業である。[藤森隆郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の間伐の言及

【間引き】より

…耕地にあらかじめ多くの種子をまいておいて,幼植物の期間に一部を除去して適正な密度にすること。作物が生産の目的に合った生育をするように,各個体に一定の生育空間を与えるために行う。多くの作物の場合,間引きを行わなくても面積当りの総生産重量は大きくは変わらないが,各個体の重量が小さくかつ変異が大きくなるので,ハクサイ,ダイコン,ニンジンなどの野菜類では商品になるものの割合が極端に低下するし,テンサイでは収穫機が使えなくなったりするため,間引きは必須の作業となっている。…

【造林】より

…後者の苗木を山引(やまびき)苗とよんでいる。 植樹造林の手順は,植栽材料の選定,植付本数の決定,苗木の育成,地ごしらえ,植付補植で,このあとに他の造林法にも共通な手入れとして下刈り,つる切り,除伐,枝打ち,間伐がある。(1)植栽材料の選定 造林予定地またはその周辺にもともとある樹種,品種あるいは系統を用いる場合は問題ないが,新しい材料を用いようとする場合には,予定地の環境条件(気候,気象,地形,土壌など)を調べ,それらに最も適したものの中から,仕立てようとする林の目的にかなったものを選定(適地適木)し,林木育種事業で素質,品質が保証された種子または挿穂があればそれらを入手する。…

※「間伐」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

間伐の関連キーワード森林の二酸化炭素(CO2)吸収県の森林整備とかながわ森林塾豊田市水道水源保全基金間伐材のび~るファイル森林と人との共生林木質バイオマス燃料間伐推進強化月間ペレットストーブ森林づくり県民税資源の循環利用林森林バイオマス南光自然観察村バイオコークス人工林の団地化森の力再生事業エコツインR国の間伐政策木質ペレット大北森林組合佐々木一郎

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

間伐の関連情報