コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山岸徳平 やまぎし とくへい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山岸徳平 やまぎし-とくへい

1893-1987 昭和時代の国文学者。
明治26年11月25日生まれ。学習院,東京教育大の教授をへて,実践女子大教授,同学長をつとめた。上代から近世までの日本文学全般および漢詩文を研究対象とし,とくに「源氏物語」の研究で知られる。昭和62年5月22日死去。93歳。新潟県出身。東京帝大卒。号は岸廼舎(きしのや)。著作に「堤中納言物語全註解」「近世漢文学史」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やまぎしとくへい【山岸徳平】

1893~1987) 国文学者。新潟県生まれ。東京教育大教授。源氏物語・五山文学・江戸漢詩等の研究に業績を残す。著「近世漢文学史」「書誌学序説」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

山岸徳平の関連キーワード山岸 徳平石川丈山昭和時代山路の露五山文学梁田蛻巌池亭記漢詩澄憲大鏡

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android