コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山岸車来 やまぎし しゃらい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山岸車来 やまぎし-しゃらい

1674-1733 江戸時代前期-中期の俳人。
延宝2年生まれ。山岸半残の子(一説に弟)。伊賀(いが)(三重県)上野の人。藤堂家の陪臣松尾芭蕉(ばしょう)にまなび,句が「猿蓑(さるみの)」にのる。享保(きょうほう)18年7月7日死去。60歳。名は重助。字(あざな)は棟数。通称は半六,重左衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

山岸車来の関連キーワード車来

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android