山島久光(読み)やましま ひさみつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山島久光 やましま-ひさみつ

1832-1912 幕末-明治時代の馬術家。
天保(てんぽう)3年5月25日生まれ。兵部省,ついで陸軍省軍馬局につとめる。明治18年東京飯田町に馬術練習所をひらき,のち小石川指ケ谷町にうつす。飼育,調教にすぐれ,日清(にっしん)戦争に際して山島流鐙(あぶみ)を考案した。大正元年9月14日死去。81歳。越中(富山県)出身。本姓は正橋。初名は紋蔵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android