山崎朋子(読み)やまざき ともこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山崎朋子 やまざき-ともこ

1932- 昭和後期-平成時代の女性史研究家。
昭和7年1月7日生まれ。児童文化史研究家・上笙一郎(かみ-しょういちろう)の妻。昭和41年夫との共著「日本の幼稚園」で毎日出版文化賞。社会の底辺でいきる人々に焦点をあて,48年「サンダカン八番娼館」で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。聞き書きの手法でうもれた女性史の発掘につとめる。長崎県出身。福井大中退。著作に「サンダカンの墓」「あめゆきさんの歌」「鳴潮のかなたに」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山崎朋子の関連情報