コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山崎清良 やまざき きよなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山崎清良 やまざき-きよなが

1813-1891 幕末の武士。
文化10年1月2日生まれ。陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)藩士。戊辰(ぼしん)戦争では庄内派兵の大隊長をつとめ,藩論の尊王統一につくした。明治24年7月4日死去。79歳。本姓は葛西。通称は所左衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

山崎清良の関連キーワード山崎所左衛門

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android