コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山彦文子(初代) やまびこ ぶんし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山彦文子(初代) やまびこ-ぶんし

?-1858 江戸時代後期の浄瑠璃(じょうるり)三味線方。
河東(かとう)節。天保(てんぽう)7年ごろから安政5年にかけて,夫の十寸見(ますみ)可慶とともに活躍。山彦栄子(えいし)ら女性の弟子を育成した。安政5年8月6日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

山彦文子(初代)

生年:生没年不詳
江戸後期の河東節三味線方。9代目十寸見河東の妻。天保7(1836)年ごろから安政5(1858)年ごろまで9代目河東と共に,おもに河東節の師匠として活躍し,山彦栄子など多くの女性の弟子を育てた。幕末明治期には,三味線音楽にも次第に女性の進出が目立つようになり,河東節もこれら女流演奏家の活躍によって,今日まで伝承されることになった。

(吉野雪子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

山彦文子(初代)の関連キーワード十寸見 河東(11代目)山彦 文子(2代目)十寸見河東(11世)十寸見河東(11代)山彦 紫存(3代目)山彦 栄子浄瑠璃

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android