コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本与興 やまもと よこう

2件 の用語解説(山本与興の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本与興 やまもと-よこう

1753-1817 江戸時代中期-後期の陶工。
宝暦3年生まれ。加賀金沢藩家老村井家の医師。茶人の余技として作陶をはじめる。楽道入に私淑(ししゅく)して一家をなし,加賀楽焼を創始した。文化14年死去。65歳。号は宗節。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

山本与興

生年:生没年不詳
江戸後期の加賀(石川県)の医師で,加賀楽焼の陶工。加賀前田家は茶の湯の趣味が深く,裏千家を開いた4代宗室(仙叟)も招かれている。藩内には趣味で茶道具を作る作家も多く,与興もそのひとり。道入に私淑して楽焼を研究し,低火度の鉛釉を使い,茶碗や茶道具を作り,御庭焼の一家をなした。養子の宗悦も作陶し,門下から堀越左源次が出,のち尾山屋伊八,小原伊平,原呉山などが加賀楽焼を継承した。

(矢部良明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山本与興の関連キーワード藤原秀芳加賀加賀友禅白加賀諸加賀生駒耕雲月嘯虎白草加蓮渓津田淳三村東旭

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone