コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本兼一 やまもとけんいち

3件 の用語解説(山本兼一の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

山本兼一

小説家。1956年、京都市生まれ。同志社大学卒業後、出版社勤務からフリーランスライターを経て、99年『弾正の鷹』(祥伝社)が「小説NON創刊150号記念短編時代小説賞」佳作となる。2002年『戦国秘録 白鷹伝』(祥伝社)で長編小説家としてデビュー。04年『火天の城』(文藝春秋社)で第11回松本清張賞を受賞(09年に映画化)。05年に『火天の城』、08年に同年発表の『千両花嫁』(文藝春秋社)が直木賞候補となる。09年『利休にたずねよ』(PHP研究所)で第140回直木賞を受賞した。『利休にたずねよ』は13年、市川海老蔵と父・団十郎の共演で映画され、モントリオール世界映画祭で最優秀芸術貢献賞を受賞した。14年2月13日、原発性左上葉肺腺がんで死去。享年57。

(2014-2-17)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

やまもと‐けんいち【山本兼一】

[1956~2014]小説家。京都の生まれ。出版社勤務などを経て作家活動に入る。時代小説「利休にたずねよ」で直木賞受賞。他に「火天(かてん)の城」「千両花嫁 とびきり屋見立て帖」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本兼一 やまもと-けんいち

1956-2014 昭和後期‐平成時代の小説家。
昭和31年7月23日生まれ。出版社,編集プロダクション勤務をへてフリーとなる。歴史小説を書き,平成16年「火天の城」で松本清張賞。21年「利休にたずねよ」で直木賞を受賞した。平成26年2月13日死去。57歳。京都府出身。同志社大卒。著作はほかに「戦国秘録 白鷹伝」「いっしん虎徹」「千両花嫁 とびきり屋見立て帖」「狂い咲き正宗 刀剣商ちょうじ屋光三郎」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

山本兼一の関連キーワードデントン同志社大学同志社女子大学秦恒平京都府京都市上京区玄武町京都府京田辺市同志社山手大庭さち子シャイベリー滝山徳三湯浅八郎

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山本兼一の関連情報