コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本兼一 やまもとけんいち

3件 の用語解説(山本兼一の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

山本兼一

小説家。1956年、京都市生まれ。同志社大学卒業後、出版社勤務からフリーランスライターを経て、99年『弾正の鷹』(祥伝社)が「小説NON創刊150号記念短編時代小説賞」佳作となる。2002年『戦国秘録 白鷹伝』(祥伝社)で長編小説家としてデビュー。04年『火天の城』(文藝春秋社)で第11回松本清張賞を受賞(09年に映画化)。05年に『火天の城』、08年に同年発表の『千両花嫁』(文藝春秋社)が直木賞候補となる。09年『利休にたずねよ』(PHP研究所)で第140回直木賞を受賞した。『利休にたずねよ』は13年、市川海老蔵と父・団十郎の共演で映画され、モントリオール世界映画祭で最優秀芸術貢献賞を受賞した。14年2月13日、原発性左上葉肺腺がんで死去。享年57。

(2014-2-17)

出典|朝日新聞出版
知恵蔵miniについて | 情報

デジタル大辞泉の解説

やまもと‐けんいち【山本兼一】

[1956~2014]小説家。京都の生まれ。出版社勤務などを経て作家活動に入る。時代小説「利休にたずねよ」で直木賞受賞。他に「火天(かてん)の城」「千両花嫁 とびきり屋見立て帖」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本兼一 やまもと-けんいち

1956-2014 昭和後期‐平成時代の小説家。
昭和31年7月23日生まれ。出版社,編集プロダクション勤務をへてフリーとなる。歴史小説を書き,平成16年「火天の城」で松本清張賞。21年「利休にたずねよ」で直木賞を受賞した。平成26年2月13日死去。57歳。京都府出身。同志社大卒。著作はほかに「戦国秘録 白鷹伝」「いっしん虎徹」「千両花嫁 とびきり屋見立て帖」「狂い咲き正宗 刀剣商ちょうじ屋光三郎」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山本兼一の関連キーワードトヨエースSKB児童文学賞北方領土問題日ロ平和条約交渉迷路オリンピックカーダールケッコネンシニャフスキーメルボルン

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山本兼一の関連情報