コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本松次郎 やまもと まつじろう

1件 の用語解説(山本松次郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本松次郎 やまもと-まつじろう

1845-1902 明治時代の語学者。
弘化(こうか)2年1月15日生まれ。山本晴海の子。生地の長崎で蘭学,フランス語をまなぶ。済美館(のちの広運館)フランス語教師,裁判所訳官,長崎師範助教諭をつとめ,私塾楽山堂をひらく。明治5年独和辞書「袖珍孛語訳嚢(しゅうちんふごやくのう)」を刊行した。明治35年11月4日死去。58歳。訳書に「日本西教史」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山本松次郎の関連キーワード正岡子規熱雲後藤三右衛門(2代)スタング(父子)堀江芳介山本東次郎(初代)アスマン沢村田之助バルフォアコープランド

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone