コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本素程 やまもと そてい

美術人名辞典の解説

山本素程

江戸前期の狩野派の画家。京都生。宗泉の子。名は守次別号に釣雪、理兵衛と称する。画を狩野探幽に学び、名手と称せられ、法橋に叙せられる。茶人藤村庸軒土佐光成・素程に大事にしていた香合に絵を描かせ、嘆賞したという。延宝2年(1674)歿。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本素程 やまもと-そてい

?-1674 江戸時代前期の画家。
狩野(かのう)探幽にまなび,法橋(ほっきょう)にすすむ。茶人の藤村庸軒(ようけん)愛用の香合(こうごう)に絵をつけたといわれる。延宝2年11月20日死去。京都出身。名は守次。通称は理兵衛。別号に釣雪。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

山本素程の関連キーワード山本素川

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android