山本輪田丸(読み)やまもと わだまる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本輪田丸 やまもと-わだまる

1784-1834 江戸時代後期の狂歌師。
天明4年生まれ。越前(えちぜん)(福井県)敦賀の醤油(しょうゆ)醸造家。京都の初代得閑斎にまなび,同社中の判者となった。天保(てんぽう)5年2月24日死去。51歳。通称は美濃屋広吉,五郎右衛門。別号に詞海斎,麓庵。編著に「狂歌五十人一首」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android