コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山村工作隊 さんそんこうさくたい

世界大百科事典 第2版の解説

さんそんこうさくたい【山村工作隊】

1952年半ばに日本共産党が山村地帯に〈遊撃隊〉をつくる目的でおこなった組織活動。日本共産党では1951年2月,コミンフォルム,中国共産党が50年1月におこなった同党批判を承服した〈所感派〉が第4回全国協議会を開き,〈当面の基本的闘争方針〉を採択した。これは,講和発効後も日本がアメリカの〈全一的支配(植民地的支配)〉下にあるとし,中国の武装闘争路線をまねた軍事方針が必要だとするもので,10月の5全協で確認し,講和発効後の52年5~7月実行に移した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

山村工作隊の関連キーワード石田 郁夫土本典昭黒木和雄全学連

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android