コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山村工作隊 さんそんこうさくたい

1件 の用語解説(山村工作隊の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さんそんこうさくたい【山村工作隊】

1952年半ばに日本共産党が山村地帯に〈遊撃隊〉をつくる目的でおこなった組織活動。日本共産党では1951年2月,コミンフォルム中国共産党が50年1月におこなった同党批判を承服した〈所感派〉が第4回全国協議会を開き,〈当面の基本的闘争方針〉を採択した。これは,講和発効後も日本がアメリカの〈全一的支配(植民地的支配)〉下にあるとし,中国の武装闘争路線をまねた軍事方針が必要だとするもので,10月の5全協で確認し,講和発効後の52年5~7月実行に移した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

山村工作隊の関連キーワード級化層理日中関係日野BD型バス(ブルーリボン)カリブ文学吉田茂内閣ジョージ三等重役オリンピック音楽コンクール中山悌一

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山村工作隊の関連情報