コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山村工作隊 さんそんこうさくたい

1件 の用語解説(山村工作隊の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さんそんこうさくたい【山村工作隊】

1952年半ばに日本共産党が山村地帯に〈遊撃隊〉をつくる目的でおこなった組織活動。日本共産党では1951年2月,コミンフォルム中国共産党が50年1月におこなった同党批判を承服した〈所感派〉が第4回全国協議会を開き,〈当面の基本的闘争方針〉を採択した。これは,講和発効後も日本がアメリカの〈全一的支配(植民地的支配)〉下にあるとし,中国の武装闘争路線をまねた軍事方針が必要だとするもので,10月の5全協で確認し,講和発効後の52年5~7月実行に移した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山村工作隊の関連キーワードコミンフォルム天皇制二十七年テーゼロシア共産党思い半ばに過ぐソビエト共産党日共辻井喬特定農山村地域高瀬清

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山村工作隊の関連情報