コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山村王 やまむらおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山村王 やまむらおう

722-767 奈良時代の公卿(くぎょう)。
養老6年生まれ。来目(くめの)皇子の子孫。天平宝字(てんぴょうほうじ)8年藤原仲麻呂の乱にあたり,孝謙上皇の命により鈴印を淳仁(じゅんにん)天皇のもとからもちだす。乱後従三位となり,参議,治部卿をつとめた。神護景雲(じんごけいうん)元年11月17日死去。46歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山村王の関連キーワード過失相殺淡海三船ボーイング787ドリームライナー早期警戒管制機神護景雲復氏フィリップス復氏アスベストのクボタ・ショック0系

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone