コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山林会 さんりんかい

1件 の用語解説(山林会の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さんりんかい【山林会】

大日本山林会の設立(1882)を大きな契機として全国各地に組織された民間の林業指導機関。大日本山林会は,1879年に山林に関する学術知識を交換論究するために設立された山林学共会を先駆とし,82年に山林共進会の開催を機に設立されたが,その目的を〈山林を蕃殖,改良するには気候,土地,樹芸,伐木運搬などの良否をよく知らねばならぬ。……林学の理を知り,相互通信によりそれを普及し,山林を改良するのが経国の要であり,富国の道である〉としていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山林会の関連キーワード大日本史本山村田保大きな顔大日本尾関広川瀬善太郎薗部一郎三浦伊八郎吉田正男(1)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山林会の関連情報