コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山林会 さんりんかい

世界大百科事典 第2版の解説

さんりんかい【山林会】

大日本山林会の設立(1882)を大きな契機として全国各地に組織された民間の林業指導機関。大日本山林会は,1879年に山林に関する学術知識を交換論究するために設立された山林学共会先駆とし,82年に山林共進会の開催を機に設立されたが,その目的を〈山林を蕃殖,改良するには気候,土地,樹芸,伐木運搬などの良否をよく知らねばならぬ。……林学の理を知り,相互通信によりそれを普及し,山林を改良するのが経国の要であり,富国の道である〉としていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

山林会の関連キーワード吉田正男(1)藤沢 万九郎大日本山林会近藤 寿市郎長谷川 孝三東富士演習場川瀬 善太郎三浦 伊八郎三浦伊八郎吉田 正男品川弥二郎田中 芳男薗部 一郎有賀 光豊成清 信愛岩本 武助川瀬善太郎田中芳男薗部一郎

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山林会の関連情報