コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山梨勝之進 やまなしかつのしん

2件 の用語解説(山梨勝之進の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山梨勝之進
やまなしかつのしん

[生]1877.7.26. 宮城
[没]1967.12.17.
海軍軍人ロンドン軍縮会議当時の海軍次官で,海軍大臣が全権として不在中,政府と軍令部の間にあってその調印に尽力した。 1897年海軍兵学校,1907年海軍大学校卒業。海軍省副官,15年軍令部参謀,艦政本部長などを歴任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山梨勝之進 やまなし-かつのしん

1877-1967 明治-昭和時代の軍人。
明治10年7月26日生まれ。海軍次官に就任し,昭和5年ロンドン海軍軍縮会議で条約締結に尽力する。7年海軍大将。14年学習院院長となり,戦後昭和天皇の「人間宣言」の文案作成にかかわった。のち水交会会長,仙台育英会会長。昭和42年12月17日死去。90歳。宮城県出身。海軍大学校卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山梨勝之進の関連キーワードメキシコの要覧菊池大麓杵屋六左衛門レヤード桐野利秋宮崎八郎オスロ大森貝塚既製服西南戦争

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone