コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山梨勝之進 やまなしかつのしん

2件 の用語解説(山梨勝之進の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山梨勝之進
やまなしかつのしん

[生]1877.7.26. 宮城
[没]1967.12.17.
海軍軍人ロンドン軍縮会議当時の海軍次官で,海軍大臣が全権として不在中,政府と軍令部の間にあってその調印に尽力した。 1897年海軍兵学校,1907年海軍大学校卒業。海軍省副官,15年軍令部参謀,艦政本部長などを歴任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山梨勝之進 やまなし-かつのしん

1877-1967 明治-昭和時代の軍人。
明治10年7月26日生まれ。海軍次官に就任し,昭和5年ロンドン海軍軍縮会議で条約締結に尽力する。7年海軍大将。14年学習院院長となり,戦後昭和天皇の「人間宣言」の文案作成にかかわった。のち水交会会長,仙台育英会会長。昭和42年12月17日死去。90歳。宮城県出身。海軍大学校卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

山梨勝之進の関連キーワード倉知しん斎藤恒坂部十寸穂永井来二宮健市林仙之富士田吉治(3代)保利信明森連吉田悳

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone