山田宗美(読み)やまだ むねよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田宗美 やまだ-むねよし

1871-1916 明治-大正時代の鍛金(たんきん)家。
明治4年11月12日生まれ。山田宗光の子。1枚の鉄板から立体の花瓶や置物をうちだす独自の技術をあみだす。パリ万博,日本美術協会展などで入賞をかさねた。大正5年3月15日死去。46歳。石川県出身。通称は長三郎。作品に「狛犬(こまいぬ)大置物」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android