コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田宗美 やまだ むねよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田宗美 やまだ-むねよし

1871-1916 明治-大正時代の鍛金(たんきん)家。
明治4年11月12日生まれ。山田宗光の子。1枚の鉄板から立体の花瓶や置物をうちだす独自の技術をあみだす。パリ万博,日本美術協会展などで入賞をかさねた。大正5年3月15日死去。46歳。石川県出身。通称は長三郎。作品に「狛犬(こまいぬ)大置物」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山田宗美の関連キーワード大正時代明治鍛金

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山田宗美の関連情報