コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田常山(3代) やまだ じょうざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田常山(3代) やまだ-じょうざん

1924-2005 昭和-平成時代の陶芸家。
大正13年10月1日生まれ。幼少時から祖父の初代常山,父の2代常山に常滑(とこなめ)焼の技法をまなぶ。昭和36年父の死去により3代常山を襲名。朱泥急須の第一人者で,ブリュッセル万国博で大賞を受賞するなど,海外での評価もたかい。平成10年人間国宝。平成17年10月19日死去。81歳。愛知県出身。常滑工業卒。本名は稔。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

山田常山(3代)の関連キーワード島津保次郎ラムサール条約衣笠貞之助溝口健二村田実伊藤大輔清水宏日本のラムサール条約登録湿地山本嘉次郎[各個指定]工芸技術部門

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android