コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田文右衛門 やまだ ぶんえもん

2件 の用語解説(山田文右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田文右衛門 やまだ-ぶんえもん

1820-1883 幕末-明治時代の殖産家。
文政3年8月10日生まれ。代々文右衛門を名のる。16代をつぎ,蝦夷(えぞ)地(北海道)で場所請負人として漁業にたずさわる。安政4年箱館(はこだて)奉行の命で樺太(からふと)の漁場をひらく。また沙流(さる)場所で大量の岩石を海中に投入して昆布礁を造成し,昆布の増殖に成功した。明治16年9月12日死去。64歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

山田文右衛門

没年:明治16.9.12(1883)
生年:文政3.8.10(1820.9.16)
江戸末・明治初期,蝦夷地,北海道における場所請負・漁業経営者。代々文右衛門を襲名,その16代。福山(北海道松前町)生まれ。栖原角兵衛家の支配人を務め,のち独立して場所請負人となった先代の家業を継いで勇払,沙流,厚岸,根室場所を経営。安政5(1858)年からの幕府の北蝦夷地(樺太)開発に差配人並として関与。万延1(1860)年から沙流場所で始めた岩石の海中投入による昆布着礁の試みが成果をあげ,箱館奉行も一般に奨励するようになるなど,漁業発展に功労があった。<参考文献>『山田氏系譜』(北海道立図書館蔵),『山田文右衛門履歴』(小樽市・山田家蔵)

(田端宏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山田文右衛門の関連キーワード赤蝦夷風説考石狩湾蝦夷蝦夷志蝦夷地蝦夷奉行赤蝦夷松舎密文部卿蝦夷白蝶

山田文右衛門の関連情報