コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山科太室 やましな たいしつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山科太室 やましな-たいしつ

1739-1789 江戸時代中期の医師。
元文4年生まれ。京都で医学をまなび,赤松滄洲(そうしゅう)について儒学をおさめる。帰郷して長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩家老益田氏の家医となり,郷校育英館で詩文をおしえた。天明9年1月4日死去。51歳。名は真通。字(あざな)は玄牝。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山科太室の関連キーワードフランス革命喜多川歌麿曲芸ベルサイユ細田栄之ルフェーブル(Georges Lefebvre)ワシントン(George Washington)霊空ペシェッティ市場通笑

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android