山紅葉(読み)ヤマモミジ

デジタル大辞泉の解説

やま‐もみじ〔‐もみぢ〕【山紅葉】

カエデ科の落葉高木。本州中部以北の山地自生。葉は手のひら状に七~九つに裂けていて、にぎざぎざがあり、紅葉する。花は春に咲き、紅色

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やまもみじ【山紅葉】

カエデ科の落葉高木。イロハモミジの変種。北陸地方の山地に自生し、ときに栽植される。葉は大きく、掌状に七~九深裂、不正の鋸歯がある。秋の紅葉が美しい。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

山紅葉 (ヤマモミジ)

学名:Acer palmatum var.matsumurae
植物。カエデ科の落葉高木

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やま‐もみじ ‥もみぢ【山紅葉】

〘名〙
① 山にある紅葉。山の紅葉。
※俳諧・寛政句帖‐四年(1792)「山紅葉入日を空へ返す哉」
カエデ科の落葉高木。北海道、本州中部以北の山地に生える。高さ五~一〇メートル。葉は長柄をもち対生。葉身は掌状に七~九裂。秋に紅葉する。春、枝の先端に紅色の小さな下垂する単性花をつける。果実は翼果で、翼開はほぼ水平に広がる。〔日本植物名彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山紅葉の関連情報