山階宮(読み)ヤマシナノミヤ

大辞林 第三版の解説

やましなのみや【山階宮】

旧宮家。伏見宮邦家親王の第一王子晃あきら親王は仏門にあったが、1864年復飾して山階宮と称した。1947年(昭和22)臣籍降下。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やましな‐の‐みや【山階宮】

旧宮家の一つ。元治元年(一八六四)仏門にあった伏見宮邦家親王の第一王子晃親王が山科の勧修寺より還俗して創立。昭和二二年(一九四七)宮号廃止。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の山階宮の言及

【宮家】より

…なお上記の宮号の改称は,皇子相続の際に行われたものである。次いで幕末に及び,伏見宮邦家親王の子朝彦親王が中川宮(明治維新の際中絶,後の久邇(くに)宮),同じく晃親王が山階宮を創立した。両親王は僧籍にあったが,国事参与のため還俗したものである。…

※「山階宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android