コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山鳥の ヤマドリノ

デジタル大辞泉の解説

やまどり‐の【山鳥の】

[枕]
山鳥は雌雄が峰を隔てて別々に寝るといわれたところから、「ひとり寝(ぬ)」にかかる。
「―ひとりし寝(ぬ)ればものぞ悲しき」〈古今六帖・二〉
山鳥の尾の意で、「尾」と同音を含む「尾上(をのへ)」や似た音を含む「おのれ」「おのづから」などにかかる。
「―尾の上の里の秋風に」〈続後撰・秋下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やまどりの【山鳥の】

( 枕詞 )
山鳥は雌雄が峰を隔てて寝るという言い伝えから、「一人し寝れば」にかかる。 「 -ひとりし寝れば物ぞ悲しき/古今六帖 2
山鳥の尾の意で、同音の「峰」にかかる。 「 -峰のへにかかる秋の夜の月/続拾遺 秋下

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

山鳥のの関連キーワードヴィクトル ローゾフ山鳥のはつおの鏡大幣神事[宇治]曾根天満宮秋祭小倉百人一首幹・簳・柄金華山瀬戸柿本人麻呂置き迷ふ足引きの尾ろの鏡休め言葉百人一首ヤマドリ高山鳥金華山字解き一つ物山鳥毛引き尾

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山鳥のの関連情報