山鳥の(読み)ヤマドリノ

デジタル大辞泉の解説

やまどり‐の【山鳥の】

[枕]
山鳥は雌雄が峰を隔てて別々に寝るといわれたところから、「ひとり寝(ぬ)」にかかる。
「―ひとりし寝(ぬ)ればものぞ悲しき」〈古今六帖・二〉
山鳥の尾の意で、「尾」と同音を含む「尾上(をのへ)」や似た音を含む「おのれ」「おのづから」などにかかる。
「―尾の上の里の秋風に」〈続後撰・秋下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やまどりの【山鳥の】

枕詞
山鳥は雌雄が峰を隔てて寝るという言い伝えから、「一人し寝れば」にかかる。 -ひとりし寝れば物ぞ悲しき/古今六帖 2
山鳥の尾の意で、同音の「峰」にかかる。 -峰のへにかかる秋の夜の月/続拾遺 秋下

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やまどり‐の【山鳥の】

山鳥は雌雄がをへだてて別のところに寝る習性があると信じられていたところから、「一人寝(ぬ)」にかかる。
※古今六帖(976‐987頃)二「秋風の吹きよるごとに山鳥のひとりし寝(ぬ)ればものぞ悲しき」
② 山鳥のの意で、「尾」と同音を含む「尾上(をのへ)」や、類音を含む「おのづから」「おのれ」や、地名「すゑを」にかかる。
※壬二集(1237‐45)「山どりのすゑをの里もふしわびぬ竹の葉しだり長き夜の霜」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山鳥のの関連情報