コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡内重俊 おかうち しげとし

2件 の用語解説(岡内重俊の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡内重俊 おかうち-しげとし

1842-1915 幕末-明治時代の武士,司法官。
天保(てんぽう)13年4月2日生まれ。土佐高知藩士。坂本竜馬(りょうま)の海援隊にはいり,秘書役をつとめる。明治2年刑法官(司法省の前身)にはいり,司法大検事,高等法院陪席判事などを歴任した。元老院議官,貴族院議員。政友会に所属。大正4年9月19日死去。74歳。通称は俊太郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

岡内重俊

没年:大正4.9.20(1915)
生年:天保13.4.2(1842.5.11)
明治初期の司法官。土佐国土佐郡潮江村(高知市)に土佐藩士岡内清胤の長男として生まれる。通称俊太郎。同藩の横目であったが,文久3(1863)年江戸に上り,水戸藩士や桂小五郎,久坂玄瑞らと交流。坂本竜馬の海援隊に入り,秘書役として活躍した。明治2(1869)年刑法官に出仕,4年10月佐々木高行司法大輔らの欧米視察に随行。帰国後,岩倉具視,伊藤博文らと共に征韓論に抗して高知の征韓論者説得に努めた。6年6月司法大検事に任ぜられ,以後長崎上等裁判所長心得,大審院刑事局詰,高等法院陪席判事を歴任。19年5月元老院議官,23年9月貴族院議員勅選。33年5月維新の功績によって男爵,晩年は政友会に所属した。

(楠精一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

岡内重俊の関連キーワード高校野球アフガン戦争柳亭種彦アヘン戦争科学史広東十三行紀行文学岡内重俊辻新次ペレ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone