コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡本寧浦 おかもと ねいほ

1件 の用語解説(岡本寧浦の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡本寧浦 おかもと-ねいほ

1789-1848 江戸時代後期の儒者。
寛政元年生まれ。初め浄土真宗の僧となり大年と称した。儒学にこころざし還俗(げんぞく),大坂の篠崎小竹,大塩平八郎,江戸の安積艮斎(あさか-ごんさい)らを師友とした。土佐高知藩にまねかれて教授館の教官となり,家塾もひらいた。嘉永(かえい)元年10月4日死去。60歳。土佐出身。名は惟密。通称は退蔵。著作に「処緇流論(しょしりゅうろん)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

岡本寧浦の関連キーワード新井静斎伊藤板渓梅園直雨河原橘枝堂五井鶴城佐藤東斎菅新菴高尾竹渓藤田畏斎門司東里

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岡本寧浦の関連情報