コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡本寧浦 おかもと ねいほ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡本寧浦 おかもと-ねいほ

1789-1848 江戸時代後期の儒者。
寛政元年生まれ。初め浄土真宗の僧となり大年と称した。儒学にこころざし還俗(げんぞく),大坂の篠崎小竹,大塩平八郎,江戸の安積艮斎(あさか-ごんさい)らを師友とした。土佐高知藩にまねかれて教授館の教官となり,家塾もひらいた。嘉永(かえい)元年10月4日死去。60歳。土佐出身。名は惟密。通称は退蔵。著作に「処緇流論(しょしりゅうろん)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

岡本寧浦の関連キーワード岩崎弥太郎奥宮正由岩崎秋溟北川愛山稲毛実儒者

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android