岡本寧浦(読み)おかもと ねいほ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡本寧浦 おかもと-ねいほ

1789-1848 江戸時代後期の儒者。
寛政元年生まれ。初め浄土真宗の僧となり大年と称した。儒学にこころざし還俗(げんぞく),大坂の篠崎小竹,大塩平八郎,江戸の安積艮斎(あさか-ごんさい)らを師友とした。土佐高知藩にまねかれて教授館の教官となり,家塾もひらいた。嘉永(かえい)元年10月4日死去。60歳。土佐出身。名は惟密。通称は退蔵。著作に「処緇流論(しょしりゅうろん)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android